翔んで月影。

オナ禁者の立場として書いているので、オナ禁ネタがちょくちょく入るのは、ご了承ください。

オナ禁3年生活の締めくくり。

しばらく間が空きましたが、そろそろ、以下の連載記事をシメたいと思います。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

この2回以外の記事に関しては、このリンク先にリンクしています。

正直、言いたいことのほとんどは、もうそれらのリンク先で書いてしまっている感覚です。

 

唐突ですが、今日が人生最後の日だったら、どう過ごしたいか?

それについて、書いていきます。

 

自分は、ソープランドに行きます。

総額25000円くらいで90分のコースを選び、そこで童貞卒業。

明日以降は童貞かどうかはどーでも良くなりますから、単にセックス体験してみたいということです。

貯金下ろせばそのくらいの金額は支払えるし、性病も気にしないでOK。

何ならレイプ…とも思ったけど、それは家族に多大な迷惑をかけかねないので、止めときます。

援交よりはソープの方が確実そうだから、やっぱそっち。

ソープで腹上死というケースは、この話では考慮しません。

なお、オナ禁は貫こうと思ってます。

 

あとは、身辺整理的なもの。

まずは部屋の片づけをし、特に家族に見られたくないものは処分。

で、「散骨希望」の書き置きもしておこう。(本当は、カラスやトンビに食べてもらいたいがね)

遺産に関しては、自分はほとんど遺産を持ってないですから、別に遺言を書く必要はないかもしれない。

っと、あくまで現状を踏まえた上でしたいことは、ソープも含んで以上です。

 

で、実現できるか分かりませんが、これは外したくない。

www.youtube.com

別に壇蜜風でなくても良いし、夢みたいな感じ(いわゆる非現実)でも良い。

また、自分の場合は看取られ願望はなく、むしろ1人で死なせて欲しいと思うけど。

こういう形で昇天したいと、もうかれこれ10年以上考えております。

これさえ実現できれば、あとはどーでも良い。

天国に行く方が本望なものの、こういうプロセスを経て天国に行きたいです。

といいつつ、自分は死後の世界や輪廻転生は信じていません。

けど、生から死の間は実感として無限の時間があるという説はある程度信じているので、その時間内にチョメチョメできたらイイな…と思っています。

そういえば、死ぬ瞬間って、ものすごく気持ちいいと聞きますね。(セックスの比じゃないくらいに)

 

オナ禁界隈の人に向けて言うことは、あるだろうか?

自分の死後も世界が実在するのかは、はっきり言って分かりません。

自分が認識する世界は自分の脳が創りだした幻像でしょうし、自分が死んだら、少なくとも今自分が認識している全てのことは無になると感じます。

それでも、自分の死後も世界が存在しているとするなら?

まあ…そんな世界のこと、知ったこっちゃないのが本音ですけど。

強いて挙げるなら、戦争と差別をなくしてください。

あるいは、心の平安を大切に。

殺人は理由如何問わずダメで、「なぜ人を殺してはいけないのか?」という質問も、絶対にダメ。

その辺りのことは、生きてる人達全員に言いたいところです。

オナ禁界隈向けとなると、アカウントを通して多くの学びが得られたということを、挙げときたいですね。

 

という辺りで、人生最後の日にしたいことの話は、以上です。

一応は書いたものの、これからも人生が続く可能性は大いにありますから、基本的にはそっちのスタンスで行こうと思っています。

さすがに、今から貯金下ろしてソープに行こうという気にはならないです。

正直、このままで終わるなら「生まれてくるんじゃなかった」という感じですけども、今死んでも未練はないです。

というか、死んでから未練や後悔なんてあるわけねーだろ…とも思っています。(但しこの話、無限の時間があるという説と矛盾する)

 

じゃあ、これからも長らく生きる前提の話でも。

 

まず、オナ禁アカウントからは、しばらく離れようと思っています。

主にフォロワーさん達の動向を眺めようという理由で、ツイッターでは、オナ禁アカウントに対しては今まで半ば義理でフォローバックしていましたが。

それが原因で、ムカつくツイートも度々見ることがあります。

ここまでオナ禁界隈のことが好きじゃなくなったと何度か言ってきましたけど、そういう経緯があってのことです。(好ましい人もいますけど、本能的に嫌な方が気になりがち)

まあ…自分のカスタマイズの仕方が良くないのかもしれんが、それはそれで、オナ禁界隈の実情を知る良い機会だったと思います。

前々から、天界で過ごしたい願望もありますし、俗世間の雑踏から離れるというニュアンスでも、オナ禁アカウントからは離れる所存です。(オナ禁3年達成で、「天空人」という称号も得られるし)

ただ、垢消しはせず、何ヶ月かに1回かくらいはツイートするなりブログ書くなりしていこうかとも思っています。

 

あと、オナ禁アカウントから離れる云々関係なく、これからしばらくネット断食を余儀なくされる様子。

今使っているPCが1/15からネットが使えなくなり、新しいPCが来るのは1月下旬。

1/14の終わりまでネット使うというのも危険なので、その最低2日前からインターネット断食になりそうです。

ですので、オナ禁3年達成する1/18に達成したことをツイートできるか分からないです。(ネットカフェからアクセスするかも)

そういう意味でも、ここまでやや急ぎ足でこれまでのオナ禁生活を振り返った感じです。

 

他、この間の仕事中に、「総額25000円のソープなら、今年中に童貞卒業できるかもしれない」という思いが、自然と湧きました。

ソープは、ある程度経済的な余裕が出たら行こうと思っていて、それが実現できるかも知れないという話。

ちょうど『かもの法則』(西田文郎)という本を読んだばかりですし、その「かも」を大切にしたいと思います。

ですから、どこのソープにするかとか、あとは性病対策等についてもちゃんと学習してから行こうかという所存です。

まあ…最悪、50代になってから行くのでもアリだと思っているので、ある程度は気楽に考えておきたいテーマですね。

 

以上ですね。

いないかもしれんが、ここまで読んで下さった方、ありがとうございます…というか、おつかれ~。

See you again.

今一度、オナ禁一年達成後のことを振り返る。

あけおめです。

では早速、前回の続きから参ります。

 

まず、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

一度でもオナ禁50日以上続いた人なら、オナ禁の才能はあるんじゃないかな…と言いたい。

1年達成に関しては、あくまで自己満。

ただ、自己満でも、あまり謙遜しすぎないのも大切だと思います。

表面上は、「いえいえ、オナ禁日数だけですよ」と言っておくのは構わないですが、本心からそう思うのはあまり良くないというか。

本心では、「天才オナキニストの俺様なら、これくらいできて当然」と考えるくらいの方が良いと思うし、現にそうしてます。

あと、百草園坂をキープレフト&シッティングで制覇した自分は、井の中の蛙だな…と少し思いました。

いずれ、暗峠にもチャレンジしてみたい気はしますけどね。

 

次、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

オナ禁界隈はマッチョ信仰の人が多い印象だが、自分は『らんま1/2』の早乙女乱馬くらいの体型が理想と思っています。

その体型、どう表現すれば良いだろう?

早乙女乱馬 - 変身ロワイアル@ ウィキ - アットウィキには、「男子高校生として普通くらいの身長で、やや筋肉質だが、どちらかと言えば細身」という風にある。

ということで、169cmで60kg強あたりかな…と思います。

体脂肪率は分からんが、10数%くらいでしょうか?(そんなにバキバキではない印象)

交通ルールに関しては、特に自転車の人に「守れ」と言いたくなることが多いです。

というか、自転車のルールを知らん人が多いと思うし、自転車の車道走行を想定しない作り方をしている道路も多いから、国よ何とかしろ…とも。

現状ではルールを守るだけでは不十分で、危険予測も身につける必要はあるというのは、再度申し上げておきます。

 

続いて、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

侮辱されたら、侮辱だと指摘して謝罪を要求する手は、割と使えると思います。

『アタマに来る一言へのとっさの対応術』(バルハラ・ベルクハン)に、その手法が紹介されています。

他にも対応法があるので、興味ある方は読んでみても良いと思います。

自分は割と神経質なところがあるので、その時はいきなり本気で打ちのめす手法にしました。

他の手法としては、もっとシンプルに「ほう」だけでもアリですし、沈黙も有効みたいです。

いやあ…マジで、スル―スキル身につけたいです。

スル―スキルに関しては、小学校時代からの課題かもしれないです。

 

次は、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

一応言っときますと、自動車のドライバーの反感が多くとも、自転車の車道走行は止めませんからね。

むしろ、反感が多ければ多いほど、車道走ってやりますよ。

法律が変わって車道禁止になったら、止めますけど。

勘違いドライバーに対して自分の言いたいことの多くが、よく見聞きする車道を走る自転車に対するドライバーからの言説に対する個人的意見 | 貧脚レーサーのサボり日記にあります。

とはいえ、基本的には自動車のドライバーはマナー良い人が多い印象ですね。

ここでも言いますが、自転車の方々は、後方ノールックで進路変更するのは止めていただきたい。

 

次、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

態度悪い奴に我慢するのも、限界だったということで。(その時の相手は、初対面でしたけど)

そういう偉そうな態度とるのは、年配の人に多い印象。

差別的になるので「老害だ」とはあまり言いたくないものの、そう言いたくなる気持ちは、よく分かります。

「底辺労働者」とか「勝ち組」「負け組」という表現も、アウト。

日本における表現の自由は、あくまで「公共の福祉に反しない限りは」という条件の元ですから、何を言っても良いというわけではないです。

他、ゲームも人生も、謎解き要素がベースかな…と感じます。

自分がマリオ2を平然とプレイ出来ていたのは、子供特有の気負いのなさも大きかったかもしれないですね。(攻略本があったのも大きいかな)

今回の長期オナ禁も、自分にとっては心理的抵抗があまりなかったから出来たんだと思ってます。

 

最後に、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

本文にもある通り、この水害における行政の指示は後手後手に回っていた印象で、あまりアテに出来ないと思いました。

ちなみに、新PCはマウスコンピューターのを買いましたが、自宅に届くのが今月下旬になりそう。

ということで、windows7のサポートが終わるちょっと前から届く日まで、ネット断食を余儀なくされそうです。

そのネット断食が、オナ禁3年達成における最終試練かな。

この3年弱は、インターネット断食出来た日が1日しかなかったから、大苦戦するかもしれません。

ただ、半年くらいインターネット断食できた時期もあったし(図書館でネットつかったが)、それと比べたら…ねえ。

まあ、依存症克服には好機かなと思っています。

 

そんなところ。

そろそろまとめに入りたいが、どうすっか?

これから、考えます。

 

じゃあ、また。 

 

 

今一度、オナ禁初年度を振り返る。

ここまで、3年弱を振り返りました。

結構長くなってしまいましたね。

てことで、ある程度まとめます。

 

まず、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

簡単に言えば、自分は今回のオナ禁までにこういうオナ禁経験を得てきて、それらが今回に生きているかも…てこと。

ただ、「原因は結果によって選ばれる」のが普通でしょうから、これらのオナ禁経験は必須とは言えないと言いたいです。

ぶっつけで長期オナ禁できる人もいるでしょうし。

なお、ここ(リンク先)に書いているのはあくまで代表例で、それ以外にも豊富なオナ禁失敗経験はございます。

つまり、自分はすんなりできたというわけではないです。

 

続いて、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

今回のオナ禁において、どういうことを期待しているかの原点が、ここに記されていると思います。

オナ禁以前に、世直しや経済的自由、あるいは悟り(煩悩の滅却)を狙いとして実施していたことがありまして。

その一環として、オナ禁を始めたということになりますね。

気持ちとしては、オナ禁によって得られる効果が尋常じゃない件 - NAVER まとめにあるオナ禁日数と効果が本当なら願ってもないことだし、それの可能性を追求しないのはモヤモヤするからオナ禁実施した…という感じでしたが。

ただ、以上の話は、あくまで「過去から未来」の時系列で述べたもの。

論理的には「未来から過去」の方が正解とも聞きますので、以上の話が全てではないのかもということです。

未来から過去の捉え方だと、将来オナ禁するため、その『「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』の内容を実施したと考えられます。

果たして?

 

続いて、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

今回の我がオナ禁の初期、自分はこの様にしましたよ…という話がメイン。

あとはあまり考えず、ありのままオナ禁開始後1ヶ月間を振り返った感じです。

そうそう。

ここでは詳しくは書きませんが、オナ禁アカウントを通して学べたことは、多々あると思います。

 

次は、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

強いて言いたいことがあるなら、特定区間大回り乗車は、キセルじゃないよ…というくらいでしょうか?

あるいは、オナ禁中のちょっとしたトラブルには言葉の力を使って対処しましたという話。

言霊力に関しては、脳科学的に証明されているんだとか?(ちゃんと確認してないが)

 

さらに、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

一番言いたいのは、「オナ禁でモテる」というのは、安易に言わないでもらいたいということ。(強制ではなく、要望として)

自分もモテを期待してやったが、1000日達成してもモテる様になってねーぞ、こら。

オナ禁以外にポイントがあり、個人差が大きいのであれば、「オナ禁でモテる」とするのは話が違うと思います。

まあ…法的には、財産に関わること以外なら嘘をついても良いので、その条件の下でデタラメ発言した人を叩くという方がアウトなんでしょうけど。

あと、オナ禁大会に限らず、目標は難し過ぎず簡単過ぎない方が楽しめるということも挙げておきます。

また、何かしらの催し物に参加するのであれば、主催者の発言に耳を傾けるというのも大切だと感じますね。

 

で、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

今回のオナ禁を始めてからここまで、夢精は11回。

2017年は、8/8、11/24の2回。

昨年は、2/22、6/27、7/19、9/23の4回。

今年は、3/26、4/11、6/30、8/18、11/16、12/21の6回。

年々、増えてます。

夢精の時の相手も、気になるところ。

普段は、ギャルだろうが、いわゆるデ○スだろうが、外国人だろうが、全然アリと思っているけど。

夢精の時の夢に出てくるのは、黒髪美女がほとんど。(一番最近は、ボンボンTVの加藤一華に似た人が相手)

ですので、本来はそういう人が好みなのかな…と思ってます。

まあ、20歳の時に夢精した時の相手は、ロシア人でしたけど。

あと、キャッチセールスうぜーよと言いたい。

湘南までサイクリングしたのが、この記事における一番の思い出です。

 

今回は、これで最後。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

ここに述べた多くは、オナ禁アカウントなしでは知りえなかったことです。

まあ…オナ禁アカウントで得られる情報にはジャンク情報も少なからずありますから、その辺は要注意ですが。

あと、オナ禁界隈の人達に対するディスりも、思い切ってやることにしました。

ディスるのが目的というか、自分の本心を発言したかったということです。

正直言うと、今はオナ禁界隈があまり好きじゃなくなっています。

そういう理由もあって、オナ禁3年達成したら、オナ禁アカウントから距離を置こうかと考えています。(それでも、たまにツイートすると思うけど)

そのつもりでいるから、ここまで長々と書いてきた…ということです。

 

じゃあ次回も、こんな感じで書いていきます。

良いお年を。

そして、近況。

今年10月から。

 

オナ禁1000日達成…の前に、台風で自宅前が冠水。

トイレもしばらく、水が流れなくなります。

深夜に便意を催していたのでどうしようかと思っていたが、危険かつ近隣に対する迷惑覚悟で、冠水していない公衆トイレまで自転車移動。

なんとか用を足し、まあ…その後の詳細は居住地がバレかねないから省きますけど、その日のうちに水は引きました。

避難勧告は、はっきりいって後手後手に回っていた印象。

ですので、状況に応じて判断するしかないかな…と思います。

ちなみに、近所の人達もほとんどが徹夜だった様です。

 

洪水から数日後、10/15にオナ禁1000日達成。

その2日後に書いたのが、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

改めて書くことは、ないかな。

ある本で、「何かを1000日続ければ、何でも出来るという自信がつく」みたいな記述を見たことあるけど、そこはクリアできていない感じ。

1000日以上もやっているせいか、オナ禁開始当初のモチベーションは、かなり薄くなっています。

正直、「このまま続けても、あまり変化は見られないかもしれないな」と思っている節は、少なからずあり。(これは、オナ禁半年手前あたりからですけど)

まあ…諦めてはいないし、仮に諦めていたとしても、いきなりブレイクスルーする可能性までは全然否定できないですけどね。

ただ、そこでも記したとおり、期待ほどのオナ禁効果が得られていないのが現状です。

10月は、そんなところ。

 

先月…は、何かあったかな?

ああ、そうだ。

今年度に入ってからアダルトVRを体験してるので、それについても書きませう。

 

初回は、今年4月。

60分コースで時間的な余裕はなかったが、1本は見通すことは出来ました。

初めて見たのは、佳苗るかという人(元セクシー女優)が、ソープで至れり尽くすせりという作品。

自分は性体験ないので、ある意味これが筆おろしみたいなもの。

佳苗るかは、ネットポルノでは全く関心なかったのですが、アダルトVRだとすごくカワいく見えました。

小柄らしいが、ボリューム感は個人的には満足いく感じでしたし。

それ以後も度々、アダルトVR体験はしております。

こちらでも記した通り、イメトレや主観アングルの勉強を目的として見ています。

欲に溺れている線もないとは言わないけど、ムラムラもその学習をする上で大切な要素だと捉えています。(ムラムラというか、情動が伴った方が良いということ)

強いて不満があるとすれば、巨乳率が高すぎたり、出演女優の容姿が良すぎる点。(とある店にある作品の傾向として)

その点が、リアリティを損なう様な感じがしてなりません。

それでも、通常のAVよりはいい感じで、最近は通常のAVはそんな見なくなってきています。

あと、アダルトVRを高いコースにしても、満足度が上がるわけじゃないということも学べました。

初回は、リアリティが強すぎてノーハンドで射精してしまわないか心配でしたが、そこは大丈夫でした。

通常のAVを見なくなったということから、性欲が低下していないか心配でもあり。

もうアダルトVRも8回くらい見ているし、これ以上見ても学習にはならない気も多少します。

何気に、セックスシーンそのものより、至近距離で見つめ合うシーンの方が好きだったりしますね。

だから、実際に対面6cmくらいの距離で話したあのアイドルさんは、すごいサービスしてくれたんだな…と。(詳細は秘密。第一印象最強だったので、クレオパトラと接するレベルのシチュエーションだったと思う。しかも、無料だった)

 

そして、いよいよ今月。

有馬記念の予想は、見事的中。

馬券買ってないけど、本命馬1頭だけ挙げ、その馬が圧勝。

こんなツイートもしています。

今まで読んだ数冊の競馬予想本と、あとは『かもの法則』(西田文郎)という本の内容を活かした予想です。

アーモンドアイは、負けるかもしれない。

勝つかもしれない馬は、数頭いる。

で、ミスプロ系は有馬勝ってないし、善戦マンは本命から外す。

ジョッキーは、外国の人がいいだろう…という感じで。

「かも」がベースですので、リスグラシューが勝つ確信は、先頭に立つまでなかったです。

有馬記念以外は、次のノートPCをどうしようか…と悩んだことですかね。

そういう知識あまりないので、調べるのに苦労している最中。

マウスコンピューターとかCPUとか、その言葉の意味さえも、つい最近知った感じです。

無事に新しいPCを買えることを祈る。

 

でことで、ようやく現在まで振り返ることが出来ました。

一記事あたりMax2000字のつもりでしたが、500字以上オーバーした記事もあったかもしれない。

まあ、読ませるためというよりは、自己実現のために書いてきましたけど。(ただ、読み手のことはある程度意識しています)

振り返りは以上ですが、もう少し続きます。

 

では、また。(続きは、こちら)

今まで隠していたことを、述べる。

前回は今年5月まで振り返ったので、その続き。

 

6月はこれといってないので、7月。

仕事中に、ムカつくクレーマーと出くわす。

訴えるだのなんだの…て、言ってきやがった。

こっちは悪いことしてないんですが、そいつが勝手に早合点し、感じ悪い態度とってきた。

まあ…そのババアは俺を追っ払うために訴えると言いだしたんでしょうが、それが鶏冠(とさか)に来て、逆にしばらく去るのをやめました。

一応敬語で対応して状況説明はしたものの、「去りますけど、その言い方、ないんじゃないですか?」的なことは言いました。

で、後にする時に近くに電柱があったので、それを蹴る仕草を見せる。

それでも気がおさまらなかったので、5分後くらいにそいつがいるだろう場所に戻って、「あーーーー!!!」と大声で叫ぶ。(犬が吠えるのとは比較にならないくらい、大きなボリュームで)

さらに5分後くらいに、「むかつくんだよーーーー!!!」と叫ぶ。

うーむ。

オナ禁で動揺しなくなってきたと思っていたけど、そうでもなかったのが非常に悔しいです。(何気に、シミュレーション通りの対応は出来たけど)

ぶっちゃけると、こういう神経質なところ(プライド高いところ)があって、これまで人並みに働けていなかったです。

正社員経験もないし、接客は到底無理で、無職経験も長い。

インターネットでスル―スキルがどうしても身につかないのも、この辺りにあると思う。

ああ…ポスティングしていまして、この話は、ポスティングでの出来事です。

ピンクチラシ配っているわけじゃないし、そのババアがいた集合住宅にも、ポスティング禁止とは書いてなかった。

なのに、ポスティング禁止だとか訴えるとか言われるのは、自分は非常に理不尽な話だと思います。

そうでなくても、仮にこちらに100%非があったとしても、無礼な態度は頭に来る。

差別撤廃が本望だと言いましたが、根底はその辺りにあります。

理不尽さがどうしても許せないということで、俗にいう底辺労働者にならざるえない感じになっているが、底辺労働者という言葉も使いたくないね。

やはり、差別撤廃したい身としては、底辺労働者という差別的な表現を使うのは良くないと感じますので。(日本国憲法でいうところの、表現の自由の条件を満たしていない表現だと思う)

まあ…それがきっかけで収入は増えたけど、こういう体験は二度としたくないです。

 

8月。

この動画をきっかけに、マリオ2を振り返りました。

www.youtube.com

マリオ2は、自分が人生で一番最初にやったテレビゲームで、小学生の時に最も時間を費やした対象。

ですので、この動画は特に面白く感じました。

他の実況者も、空飛ぶイカや緑のジャンプ台に驚いているのが面白い。

あと、マリオでも滑るというコメントが多いですね。

自分はマリオ2から入ったので、そういうのが普通だったが。

自分の場合、4-1で半年以上停滞。

どうしても、あのジャンプ台のところがクリアできず、一旦諦めたと思います。

その半年間で、マリオ1をクリアしてしまう。

けどある時、ジャンプ台が一番沈んだ時にポーズ(スタートボタンで一時停止)し、その状態からAB右ボタン同時押ししてからポーズ解除で、ジャンプ成功。(Bボタンは、無意識的に押していた)

それ以降はそのやり方でここをクリアし、そこをクリア後は、割とあっさり8-4クリアできたかと思います。

まあ、4-4や5-1は、結構苦労しましたけど。(4-4は、ずっと苦手意識あった)

8回クリア後に、裏面もプレイ。(クリア回数は、電源落としても保存される)

D-1はかなり苦労したが、それでも4-1で停滞していた半年に比べれば、どうってことなかったです。

9面も、プレイ済み。

9面は無限増殖なしで1度だけノーコンテニューで行けたことありますが、コインや亀を蹴飛ばしてなどの1UPで機数を稼ぐ必要はありました。(クリアまでに20機くらい使用)

という感じで、当時はこの難易度が普通よりイージーだと思ってました。

所詮はお子様向けだし、不器用な小学校低学年の自分でもプレイできるものだし…てことで。

しかし、高校時代にマリオコレクションマリオ2をやった時は、激ムズに感じました。

FC版はワールドごとのコンテニューで3機しかないのに、よく普通にプレーしていたなぁ…と。(マリコレは1面ごとのセーブで、5機あり。しかも、セーブ機能もある)

ましてや最近みたく、セーブも巻き戻し機能もありません。

いやあ、慣れとは恐ろしいものです。

ネットで見ていると、7-3のバネ地獄がトラウマという書き込みをよく見るも、自分はバネ好きでした。

Bダッシュジャンプをマスターしていたマリコレ時代は、7-3やC-3は一個飛ばししまくって「ヤッホーィ」という感覚でプレイ。

なお、もっと難しいと言われるサンドラの冒険(魔界村級の難易度か? 超魔界村より難しいと聞く)は、そんなに難しく感じなかったです。

マリオ2で、アクションゲームに慣れていたからかもしれません。 

 

9月に、ドラクエ8を108円で購入。

クリアに70時間かかってしまい、自分はロープレの才能はないのかもな…と、意気消沈。

ドラクエ8は、特定の敵以外ではゴールドや経験値が稼ぎにくいので、そこが苦戦。

時間をかけた割には、Lv.38という低レベルクリア。

リセットしないのと、あとは攻略サイト等を見ない縛りでやっていました。

ドルマゲスレティス、ラスボスで、それぞれ5回以上全滅した。

チーム呼びなんて、知らなかった。(モリーを発見できなかった)

ともあれ、15年振りくらいのドラクエ体験。

3Dになったせいか、あまりドラクエやってる気分にはならなかったです。(3D酔いは、特になし)

音楽やアイテムや呪文などは、明らかにドラクエそのものでしたが。

で、今までドラクエはバトルゲームだと思っていたけど、基本は謎解きだと感じました。

そっか、クエストですものね…という具合。

謎解きがベースなのは他のゲームもそうでしょうし、人生全般もそうかもしれないですね。

 

というあたりで、今回はここまで。

仕事の件は、ずっと黙っているつもりでしたが、思い切って開示しました。

そういう境遇にいるからといって、別に他の人より格下とは思っていないので、その辺は誤解しないでいただきたい。

ですんで、格上ぶった言動は、一切許可しない。

ただ、そういう勘違い野郎も現状では少なくないので、自衛のため(あるいは、余計なトラブルを避けるため)に公言を避けるようにしていました。

オナ禁界隈にもおそらく、自分の様な人を軽蔑する方はいらっしゃるでしょう。

内心で軽蔑するのは自由ですが、それを表に出したら話は違うよ…てことで。

 

では、また。

移動する本能。

では、今年のGWから参ります。

 

まず、さいたま国際マラソンのコースを徒歩。

後で知ったが、コースを少し間違えており、確実に43km以上は歩きました。

大体、時速4kmでの移動。

最初の20kmくらいは問題なく行きましたが、国道4号線で折り返す辺りでは、足の裏に痛みが生じる。

東浦和に戻ったあたりで、「ちょっと、背伸びした企画だったかな」と感じます。

で、確実にマメが出来ていたと気付いたのは、ゴールまであと1kmくらい。

その辺でマメが爆発し、激痛が走りました。

まあ…不慣れゆえの心理的な抵抗が、マメを作ったんだろうと思います。(マメは、火傷と同じメカニズムだと聞きます)

その気になれば50km行けたと思いつつも、それは止めときました。

ともあれ、さいたま新都心から越谷市まで歩くというのは非日常的で、気分自体は爽快でした。

 

その数日後、今度は自転車で緑のヘルシーロードを往復。

川口発で利根大堰まで行き、また川口に戻るというルート。

その往復自体は、約110km。

それ以外にも移動があり、その日は合計130kmくらい走行しました。

基本的に、ガンガン飛ばせる感じの道ではないです。

途中、一時停止箇所も多々ありましたし、狭い部分もありました。

北風が吹いていたので、北上が4時間、南下は3時間半くらいだったかな?

疲れというか、手が痛かったです。

ああ、ちょうど令和突入の時分でしたね。

 

さらに数日後、今度はさいたまシティマラソンのコースを走る。(run or jogで)

5年くらい前だったか、川内優輝が走ったハーフマラソンのコース。

大会と異なり信号待ちが度々あったけど、休憩を挟みつつ、ちょうど3時間くらいで完走。

いやあ、きつかった。

普段走り慣れていないせいか、開始5kmで、すでに結構疲れていましたし。

3月に15km走ったものの、全然走り込み不足だと感じました。

 

GWが終わった後、今度は新大宮バイパスを自転車で制覇。

今は練馬区北町スタートで、ゴールはさいたま市北区吉野町

北町から高島平の近くにある三園までは車道走行禁止でしたので、そこまでは歩道や側道を走行。

で、笹目橋交差点から先は、渋滞のところ以外は車道走行しました。

その時分は将来的に自転車車載動画YouTubeに挙げたいと思っていたので、その練習として、古いガラケーを自転車のカゴにセッティングして録画。

連続録画時間が最大15分なので、たまにそれを確認しつつ走行しました。

移動時間は、ちょうど1時間半ほど。

宮前町ICあたりの車道走行はなかなかスリリングで、バイパスの最後ら辺で大型車に追突されそうになったが、無事完走できました。

宮前町ICあたりの動画はツイートしてますんで、こちらでも紹介しておきます。

ホント、ここを後方ノールックで行ったら、普通に死にそうです。

ここにも書いている通り、後方ノールックで進路変更する自転車利用者が多い。

それ実は、この動画よりはるかに危険行為なので、お止め下さい。 

この新大宮バイパスは、まあ…普通の人の方が分かっていると思いますけど、車道走行はあまりオススメできないですね。

明らかに自転車が車道走行することを想定していない作りですし、大型車も結構多いので。

ところどころ自転車横断帯がありますし、法をとことん遵守するのであれば、車道走行だとかなり難しいと思います。(まあ…歩道の道交法遵守も、かなり難しいんだけど)

この帰りにこのバイパスを車道走行する女子高生も見ましたが、車道走行するなら危険予測は出来るレベルでないと厳しいでしょう。

ちなみにバイパスだからといって、即自転車走行不可になるわけではないので、その辺お間違えなく。(標識や看板を見れば、分かるはずです)

 

5月下旬は、国道298号線も制覇。

千葉県区間自転車道を走っていましたが(自転車道があるので、車道走行OKか分からなかった)、埼玉県区間はほぼ車道走行。

この道の車道走行は自転車乗りの中では肝試しスポットとして有名と聞きますが、無事走破できました。

ただ、原付もほとんど走っていない様な道です。

ですので、自転車走行不可ではないとはいえ、自転車が走っていることを想定していないドライバーも、多くいると思われます。

それを承知の上で車道走行しないと、これまた危険でしょう。

個人的に一番スリルを感じたのは、ここ。

越谷レイクタウンの真南に位置する、草加市青柳という場所。

ここら辺は白線(車道外側線)が凸凹した形状になっていて、自転車ではその上を走るのはかなり難しい。

しかも、白線の外側は狭いし、そうなると第一通行帯に進入するしかなくなります。

やや渋滞気味だったのでそれに救われましたが、これで自動車がビュンビュン飛ばせるような状況だったら、危険度はかなり高まったでしょう。

ああ…自分の車道走行に文句あるなら、国(国家権力)に言ってちょうだいね。

この国道は分岐や合流が多いので、そのやり過ごし方も知っておかないと、さらに厳しいでしょう。

その部分を、自動車に追突されない様に全力で漕ぐ人もいらっしゃる様ですが、それ一択だと怖いですね。

自分は加速という手段はあまり使わず、場合によっては左側で一時停止してから横断することもあります。

なお、国道298号線の移動時間は3時間半以上。

真夏日の中、一度も休憩せずに漕いでしまったので、結構疲れました。

 

と、今回はこんな感じです。

オナ禁、関係なくなっているがな。

 

では、また。(続きは、こちら)

オナ禁2年達成と、その後。

ここからいよいよ、今年の話題です。

 

まず、1/18にオナ禁2年達成しましたが。

その数日後にツイッターで、かなりムカつく奴が出てきました。

俺に対して、「オナ禁してるんなら、そのパワーで収入を増やしてみてはどうですか? あなたは非力で、ダサいです」という様な発言してきた奴がいた。(元ひきこもりの僧侶を名乗る者だったかな?)

まあ…それは明らかに侮辱ですから、反撃の練習台としてこんな反撃をしました。

「だったら、御自分がオナ禁して収入を増やしてみてはどうでしょうか? 仮に俺が非力だとしても、その発言は侮辱ですし、侮辱して良い理由にはなりません。謝罪を要求します」

という具合に。

そしたらそいつ、何も言わずに自分のツイート消してブロック。

今だから言うけど、本当にダサいのはどっちだ…という感じです。

野次るなら、プロ野球観戦みたく金払ってから言えと言いたい。

まあ、なめた態度を取ってはいけない相手だと分かってもらえれば自分としてはまさに本望ですから、ブロックしてもらうのはその目的にかなっていますがね。

その後もそいつのアカウントを別垢でチェックしましたが、度々誰かに話しかけてはシカトされていた。(で、しばらくしてアカ消滅。時々、不審アカ扱いされていた)

ああ…ひきこもりだからどうとか、あまり言いたくないのですが。

ひきこもりの人はそうでない人と比べ、根性曲がっている人が多いという感想を、その件等を通して抱く様になりました。

正直そういう奴等は、ひきこもっていただいた方が、世のためでもあるのかな…と思ったくらい。

決して、ひきこもりだから根性曲がっていると言いたいわけではないので、その辺はどうかお間違えなく。

自分も豊富なニート経験があるし、その立場にいる人の苦悩はある程度分かっているつもりですから、引きこもりや無職だけを理由に叩く気にはなれません。(その場合、叩く奴の方が悪いです)

余談だが、つい先日にドラクエ3の性格診断で「ぬけめがない」となった時のコメントを読み、こいつを思い出しましたww

 

2月は一昨年振りに、御岳山ヒルクライムに挑戦。

昨年子ノ権現に登った時にある程度コツを掴んだし、一昨年よりは行けるだろうと思っていましたが。

まあ…確かに前回足付きしたバス停付近は越えたものの、その少しだけ進んだところで足付きしました。

滝本駅までは、あと100mくらいだったろうか?

惜しい様にも見えるが、その100mが、滝本駅までで一番勾配がある場所。

あと一歩という感じではなかったです。

最近気付いたが、自分の筋肉は、短距離系(速筋が多いタイプ)っぽいです。

確かに、腕相撲は鍛えてなくても日本人としてはそこそこ強い方でしたし(自分より明らかにガタイの良いアメリカ人と対戦したことあるが、持久戦で負けた)、百草園の坂みたいな短くて勾配のきつい坂向けなのでしょう。

反面、スタミナに難があるのかな。

まあ、元々体を動かすのはそんな好きな方ではないので、その影響も大きいかもしれません。

ですので、以前記した苦労坂もそうでしたが、ヒルクライムも長丁場になると脆さが出てくる気がします。

一昨年は滝本駅から先も挑戦したものの、その時の帰り道がきつかったので、この時は滝本駅に着いたら引き返しました。(若干、アイスバーンになっている場所もあったし)

 

3月。

さいたま市全駅、自転車で制覇。

浦和駅から開始し、南浦和東浦和浦和美園、岩槻、東岩槻、七里、大和田、東大宮、土呂、大宮公園北大宮、大宮。

その先はニューシャトルの…駅名忘れた。(ニューシャトルの運賃、高く感じる)

ニューシャトルの駅を制覇してから、宮原、日進、西大宮、指扇、北与野、さいたま新都心、与野、北浦和与野本町、南与野、中浦和、武蔵浦和を経て、西浦和駅がゴールという順だったかと思います。

移動距離は80km以上で、時間は8時間以上。

普通に行けば走破できるのは分かり切っていたので、ギアを5速縛り(ママチャリ6段変速の5速)にしてやりました。

花粉症がきつかったけど、思ったほど疲れなかった印象ですね。

 

4月。

人生初、YouTube動画の投稿(公開)。

その動画編集をしてみて思ったが、編集って、結構大変ですね。

自分もサイクリング系YouTuberになってみたい気持ちは多少あるものの、思っていたほどに反響なし。

ごくまれに反響あっても、低評価のみ。

はっきりいって、ムカつきます。

ただ、完全に諦めたわけではないので、いつかリベンジしたいと思います。

ちなみに自分は、東海オンエアで例えるなら、この様な動画が好きです。

www.youtube.com

あと、路面電車と自転車で競争したり、ゴキブリネタも割と好き。

最近は…東海じゃないけど、GPSごっこや、やったことあるゲームの実況動画もよく見ています。

その辺は人によるかもしれないが、自分は人よりは内容で見るタイプの様です。

その内容を選んでいるのはうぷ主ですし、そういう意味では人で判断していると言えなくもないのですが。

ただ、基本的にYouTuberのノリはあまり好きじゃない(喋り方やリアクションが、ウザくて気持ち悪いと感じることが多い)し、ありがちなリスナーもあまり好きではないです。

ああ…その辺がもしかすると、心理学で言う好意の返報性の応用で、低評価に繋がっているのかもしれませんね。

個人的には、低評価ボタンはいらんと思う。

 

という辺りで、2000字越えてしまった。

なので、終わろうと思います。

 

じゃ、また。(続きはこちら)