翔んで月影。

オナ禁者の立場として書いているので、オナ禁ネタがちょくちょく入るのは、ご了承ください。

オナ禁効果が出まくってしまったら、どうしよう?

オナ禁日数、確認しました。

本日23時時点で、982日。

1000日達成は、来月15日。

3年達成は、あと113日。

3年達成までは、まだ時間あるのかな…という感覚です。

開始は、2017.01.18(PM11時ごろ)です。

 

とはいえ、このまま113日経過しても、超絶オナ禁効果は得られないんじゃないかという疑念はあります。

そもそも、1000日達成時点で仕上がり、あと95日(1000日達成から3年達成の日数)はおまけのつもりでいたので。

まあ…そういった疑念は、オナ禁開始半年達成あたりから、ずっと続いてますけどね。

自分の場合、オナ禁の態度が良くないのかもしれないです。

自分は決してオナ禁至上主義でもないですし、オナ禁本がない(kindle版を除く)以上は、過信しない方が良いと思ってたので。

オナ禁の効果がないということも証明されたわけではないし、人によってはオナ禁効果が出まくっている人もいるでしょうけど(ただし、そういう人にリアルで出会ったことはない)、自分の中では占いのラッキーアイテム的な印象です。

それはそれで、時として有効と思うし、自分自身も以前よりはムダ毛が薄くなりましたから、全く効果ないわけではないですがね。

ただ、至上主義を押し付ける行為は良心的ではなく卑劣だと思うし、違法行為だとも思っています。

 

とまあ、ここまでオナ禁者には不都合なことばかり書いてきましたが。(一応、オナ禁者を侮辱する行為も違法ではないかと言っておく)

その一方で、こんな考え方も生じました。

超絶オナ禁効果が得られなかったらどうしよう…と考えるより、超絶オナ禁効果が得られたらどうしようと考える方が良いと。

さて、どうしよう?

とっとと、童貞を卒業しようか?

SEXに関しては性病のリスクが気になるものの、超絶オナ禁効果が発揮された時にヤレる女性は、性病にかかっていないはずww

だとしたら、妊娠リスクを最大限抑えることを考える方が良いのかもしれません。

性的なことのみならず、人生の他のあらゆることも上手くいかないと、自分の中では超絶オナ禁効果とは言わんです。

今すぐ答えを出さなくてもいいし、実際にそうなったらどうなるかは分からないものの、そのテーマについて真剣に楽しげに考えてみても良いと思いました。

そもそも、理想の人生を送ったり理想の世界を構築するために、オナ禁を開始したのですから。

 

こんな感じで、今回は終わります。