翔んで月影。

オナ禁者の立場として書いているので、オナ禁ネタがちょくちょく入るのは、ご了承ください。

オナ禁とはいうものの。

いよいよ、オナ禁1000日達成まで、残り5日。

特に変わったことはないですが…って、こういう報告する意味はあまりなさそう。(個人的に)

ああ、数日前は今回のオナ禁始めて以来、ノーインターネットデーを達成。

それよりさらに数日前に108円で買ったドラクエ8のおかげで、達成できました。

 

 で、本題に入ると。

オナ禁とはいうものの、実際のところ、今となっては禁じていると言う感覚はほぼないです。

アダルトVRで刺激しようが、抜かない方が普通ですし。(ギンギンになるけど)

普段酒を飲まない人が禁酒をするのと、おそらく似た感じと思います。

タバコも10年以上吸ってないけど、それもやはり、禁じているという感覚ではなくなっている。

でも、タバコは今でもごくまれに吸いたくなります。

ちなみに酒はというと、適量未満を守ることが出来、飲まない日の方がほとんど。

そもそも、酔った感覚があまり好きじゃないんです。

 

では、いつから禁止している実感がなくなったかというと。

それはよく分かりません。

今回に限っては、最初からだったかもしれない。

オナニーしてオナ禁効果の可能性追求を放棄している自分に、ものすごく嫌気が差していましたし。

一般的な基準からすると、3ヶ月くらい?

新たな習慣が定着するには、3ヶ月だか、あるいは21日だか聞きますが。

日数に関しては、その習慣の内容次第とも聞きます。

てことで、僕ちゃん分かんなーい…としますかね。

禁煙も、いつからそんな感じになったのかは覚えていないです。

 

んなところですかね。

これも最近気付いたことですが。

発声するのって、疲れますね。

ドラクエ8でゲーム実況の練習みたいなことをしましたけど、喉ではなく、頭が疲れる。

例えば、ツボを叩き割るシーンで「オルァー!!!」と何度も言ってると、血圧が無駄に上がりそう。(実際、怒りっぽくなるらしい)

前々からテレビタレントやユーチューバーのオーバーリアクションは関心を持ちつつも苦手としていましたが、その理由が最近それじゃないかと分かった様な気がします。

自分が発声するのみならず、そういう言動を聞くのも疲れる。

ゆえ、大きい声の人は、はっきりいって苦手。

てことで、平和が一番ですww

 

それでは。