翔んで月影。

オナ禁者の立場として書いているので、オナ禁ネタがちょくちょく入るのは、ご了承ください。

オナ禁1000日達成の勝因を突き止めた…ものの。

先月15日、無事1000日達成。

その時に書いた記事が、こちら。

nofapper-tsukikage.hatenablog.com

この記事で、勝因はよく分からないと書いたし、今も絶対にこれだとは言い切れませんが。

それなりに有力だと思うので、改めて書いてみることにします。

 

シンプルに言えば、「できると思ったから」。

オナ禁に直接関係ない本ですが、色んな本を読んで得た知識を基にして考えると、それを勝因とするのが妥当と感じます。

有名どころでいえば、自己成就予言でしょうか?

出来ると思ったから、それが現実化されたという感じ。

今回オナ禁開始した時の自分は、「最初の5日さえ乗り切れば、そしてアソコに手を触れない様にすれば、生涯オナ禁も可能」と思っていましたし。(夢精ダメージは、完全に想定外でしたけど)

 

ただ、その「できると思ったから」に行きつくまでが、難しいかもしれない。

自分の場合、自転車で埼玉から宗谷岬まで行ったり、禁煙8年近くやったり(今回のオナ禁開始時点で)、寸止めありで156日やったという経験があったり。

あと、7ヶ月のテレビ断ちもかな。

そういうのがあって、生涯オナ禁も充分に可能という風に思える様になったのですが。

そのメソッドを人に薦める気には、全くならないです。

遠回りかつ、不毛な感じがするので。

その辺を、いわゆるコツとして確立できるようになりたいのですが、まだそこには至っていない。

本を読んだ感じでは、とりあえずは「できる」とか「やった」とか言えば良いのかな?(公言ではなく、独り言で)

その様に度々発言することでその言葉を信じられる様になるという説があるけど、正直自分は、まだそれを使いこなせているレベルではないです。

よって、まだオナ禁のコツとかを教えられる域ではないのだと思います。

まあ、細かいテクニック的なものは、助言できなくもないですがね。

 

あと、もう一つ。

できると思ったからやらない…という人も、中にはいるかもしれません。

できると思ったことというか、どうすればできるか分かっていることをゴールにしても、成長が見込めないという話でもあり。

自分が満足の行くオナ禁効果をこれまで得られていないのは、そういうところが原因かも…と思ったけど。

ただ、自分にとってオナ禁日数そのものはゴールではないので、そこが原因ではないとも感じます。

別に1000日を目標にしても良いけど、より良い人生を望むなら、遅くても700日くらいまでには目標を修正した方が良いということかしらね?

と、この辺は半ばテキトーに書きました。 

 

と、こんな感じです。

じゃ。