翔んで月影。

オナ禁者の立場として書いているので、オナ禁ネタがちょくちょく入るのは、ご了承ください。

今回を除く、これまでの我がオナ禁経験。

オナ禁3年達成まで、あと1ヶ月切りました。

正直、3年達成自体は、今の自分なら楽勝だと感じています。

それより、1ヶ月生きる方が難しいかもしれないと思うくらい。

オナ禁界隈では、3年オナ禁すると「天空人」という称号を得られると仰る方も、いらっしゃる様です。(「オナ禁 天空人」でググってみると、いくつかページが出てきます)

自分も、天界に行きたいww

ということで、いつ天界に行っても良い様にと、ここまでの我がオナ禁生活3年弱を振り返って記します。

今回はその導入として、これまでの我がオナ禁経験について書いてみます。

 

最初のオナ禁は、高校受験を控えた中学校3年生の時に実施。

年が明け、そこから志望校合格までオナニーしないぞ…ということ。

しかしその年の1/20頃、あえなく断念。

その当時は、「こんなの続けられるか~!」という感覚でした。

なお、その後は普通にオナニーしていたものの、志望校には無事受かりました。

 

2回目は、20歳の時。

当時所属していたサークルで好きな人(だと思い込んでいた人かもしれない)が出来、その人と付き合うまでオナニーしないと決めていた気がします。

オナ禁期間は確か、10月上旬から翌年1月上旬の88日間。

当時はエロ動画を見る習慣もなく、今で言うエロ禁も実施してましたかね?(雑誌グラビアも見なかった)

その意中の人以外に浮気するのはアウトだと思い込んでいた気もするけど、その辺の記憶は定かではありません。

で、間もなくオナ禁3ヶ月を迎えようとした辺りで、前立腺がうずいて仕方なくなる。

それもあってか、何かしらの形でエロ禁を解除し、それでリセット…という流れだったかと思います。

ちなみにその女性とは付き合うことはなかったし、今思えば、付き合わなくて良かったと思っています。(マジで)

その人と付き合っていたら間違えなく妥協した人生を送っていたでしょうし、いずれにしても、付き合いは破綻していたと思います。

何となしに、結婚したいくらいまで思っていたけど。

その当時、モテ効果はあったかもしれないです。

オナ禁後だったかもしれないが、何かのきっかけで誰かが自分の写真を取ろうという時、そのサークルの女性が8人くらい集まってきた。

そのうち7人くらいは、眼中になかったですけど。(そのうちの1人が、当時好きだった人)

ちなみに自分は、サークルでは当時は立場は強い方ではなかったが、ムードメーカーかつ、ややダメンズ的なところはあったと思います。

あと、顔面も良い方らしいですねww

その意中の人には言われたことないけど、それ以外の女性に「かっこいい」とか「男前」とか。

そう言われ出したのは、そのオナ禁期間の時でした。

顔の造形そのものに関してはオナ禁というより、遺伝の影響の方が大きいと感じますが。(祖母の若い頃と美智子さまの若い頃が、似ているらしい)

 

3回目のオナ禁は、これはいつ頃か伏せますが、5ヶ月以上実施。

ある年の8月から、その翌年の1月。

その時はエロ禁しておらず、イキそうになる前にストップ(寸止めという言い方で、OK?)という感じでやっていました。

今思うと、それはオナニー同然という気もしますが、イってはいない。

それで、まあ…いつも通りイク手前で止めようと思ってシコシコし、それでイってしまったのが、開始5ヶ月後の話です。(寸止めありでも、一生続けられると思っていましたが)

ただ、この時の経験が、今回のオナ禁継続に対する自信になったと思います。

寸止めありで5ヶ月以上もつなら、アソコいじらなければ少なくとも5ヶ月以上もつだろうし、本当に一生もっても不思議ないだろう…と。

 

4回目は、確か今から4~5年くらい前。

3月下旬から7月上旬の、100余日やりました。

その時も寸止めありでやっていて、100余日後に誤爆

この経験で、寸止めありだと限界あると感じました。

ちなみに当時は、テレビ断ちも実施。

確か、2014年の11月下旬から、翌年の7月上旬まで。

途中、テレビ断ち90日目くらいに5分だけテレビ見たくらいで、それ以外は200日以上テレビを見ず。

ですが、そのオナ禁リセットが影響したせいか、テレビ断ちもリセット。

なお、そのオナ禁開始10日過ぎた辺りにムラムラしていたので、モテに関する本や『思考は現実化する』の第15章(性欲に関する部分)を本気で読んだりしました。

 

で、今回の3年近く続いているオナ禁ですが、それについては本編にて。

そこに至るまでの経緯も多少あるので、次回、それについて書いていきたいと思います。

 

ではまた。(続きは、こちら)