翔んで月影。

オナ禁者の立場として書いているので、オナ禁ネタがちょくちょく入るのは、ご了承ください。

オナ禁開始からの1ヶ月。

前回前々回と導入部分を書きましたが、今回はいよいよ本編。

他の人の役に立つかどうかは二の次で、書ける範囲内で、ありのままを書いていきたいと思います。

 

ということで、二〇一七年一月十八日午後十一時頃、今回のオナ禁がスタート。

前々回記した、これまでのオナ禁の失敗経験を基に、まずは「とにかくチ〇コに触れない」と固く決心。

あと、エロ禁もずっとやっていこうと思っていました。

エロ動画見ながら抜かないなんて、当時の自分では、到底無理な話でしたから。

これまでのオナ二―経験(オナ禁経験ではなく)から、エロ動画やエロDVDを封印すれば意識せずとも数日もつことは分かっていたので、まずはそれを弾みにしていく作戦。

で、弾みがつけてから5日ぐらい我慢できれば、禁煙の時同様に、後はすんなり行くんじゃないか…という想定でした。

その作戦が成功。

5日後辺りが一番ムラムラするのですが、それはこれまでのオナ禁経験で想定済み。

想定済みゆえか、今回の5日目は、思ったほどムラムラしなかった印象です。

そりゃ、オナ禁開始前よりは、ムラムラしたけど。

 

同じく開始5日後くらいに、オナ禁効果に関するページを検索。

そこに書かれているので気になった部分をチェックし、さらに選別して読書メモ。

それを書いたノートは無くしたが、確か「セクシーな同級生と、汗だくになりながらセックス」的な記述もチェック。

自分がオナ禁に期待するはエロに限らないけど、エロも決して、小さくはない感覚です。

電車効果とか、素直に憧れていました。(今も、憧れているよ)

 

その後だったかな?

オナ禁アカウントとして使用しているアカウントを開設したのは。

今の、@tsukikage_UWO。

当時は、@tukikage_noelだったと思います。

ちなみにノエルというのは、ロマンシングサガ2のノエルから。

そのノエルが、月影という全員攻撃技を使うところからです。

まあ、アカウント名については、この辺にして。

当初そのアカウントは、完全非公開で好き放題呟くというものでした。

しかしながら、オナ禁開始初期に開設したアカウントだったためか、オナ禁ネタを度々呟く。

で、オナ禁開始20日後くらいだったかな?

そのアカウントをオナ禁中心の公開アカウントにしてみようかと思い、そういう形式にしました。

もしかすると、ある程度オナ禁が軌道に乗ってからオナ禁垢を公開したというのが、オナ禁が続いているコツの一つかもしれませんね。

 

開始2週間後、エロ解禁。

将来的にエッチしたいのであれば、イメトレした方が良いじゃんと思ったことを理由に、解禁したかと思います。

当時は、AVが現実離れしているということはあまり知らなかったので、その辺はあまり考慮せずイメトレ。(アダム徳永の本は4回目のオナ禁の時に読んだので、激しいのはアウトだと、何となくは分かっていたが)

ですんで、まあ…単なる暇つぶしと言われても否定はできんかもしれないが、そういう意図でここまでエロ禁せずに来ています。

エロ解禁当初は、自制が効かずにアソコをいじってしまうという不安が、多々ありましたけどね。

エロ動画を見てアソコをいじらずを何日かやってたらそういう不安もなくなり、それ以後は遠慮なく、エロ動画見る様になりました。

 

オナ禁開始20日過ぎた2/10辺り、東京都目黒区にある、のぞき坂に挑戦。

6段変速のママチャリで。

実際ののぞき坂を初めて見た時は、「これ、登れるのか?」と思いましたけど、最初の挑戦で難なくクリア。

2速でも、立ち漕ぎなら登れました。(1速なら、シッティングで制覇)

しかし、まあ…いざ現場に行ってみると、自分以外に自転車でのぞき坂に挑戦する人はいなかったですね。

男ならこういうのは挑戦したくなるのが普通と思っていたが、全然そんなこともなかったです。

オナ禁とは直接関係ない話かもしれんが、オナ禁後に起こった変化の一つとして、書いてみました。

 

それで、オナ禁開始1ヶ月経ってた時かどうか分からんけど。

当時乃木坂にいた西〇七瀬の顔画像をTLで見て、ムラムラしました。

オナ禁前では、あまり考えられなかった現象。(よほど顔が好みの人でないと、そんなことにはならなかった)

いやあ…今思うと「無断転載だろ」と厳しく追及したくなる様なものでしたが、当時はそういう発想に至るほど知識はなかったです。

その点もひっくるめて、オナ禁垢を通して学んだことは、多々ありますね。

 

とまあ、今回はこの辺までにしておきましょうか。

ちょうど、オナ禁開始からの1ヶ月間について、書けたと思います。

 

今思うと、その当時はツイッターで他のオナ禁者に対し、ウザい絡みをしたかもしてないです。

ツイッターだからそういうのもOKと思ってましたけど、実際にオナ禁垢を通しての関わりを続けていって、当時の自分みたいな絡み方する人はいないな…と、今にして感じます。

ぶっちゃけ、「FF外がどーだらとか、勝手にルールつくってんじゃねよ」と思ってましたし。

今なら、無礼な人はFF外が多いな…と分かるけど、それでも「FF外から失礼します」は、正直やや嫌い。(無礼な発言する奴より、ずっとマシですけど)

というか、「FFって、なんだ?」と思いましたし、ファイナルファンタジーを連想しました。

 

ということで次回は、これ以後のことについて書いていきませう。

See you.

(続きは、こちら)